--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.29.07:54
さて、本コーナーでも紹介しましたが、私はこれを使って毎日勉強しています。
ちなみにテストが終わった今は、Rank4をやっています。

TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)
(2006/05)
神部 孝

商品詳細を見る


とりあえず始めに、私はCDにて、Rank1からRank3まで発音チェックのため1回聞きました。
Rank1・2に関しては、基礎で知っている単語ばかりだったのですが、
発音を違って覚えてたりしたものがあったので、
特定の単語に関しては、発音をカタカナで書いていました。
(ネイティブには、絶対にカタカナで発音を覚えるな!!!!といわれたが、そんなこと言われてもね?。)

以前に申し上げましたが、私はRank3までしか覚えてません。メインはRank3だと思います。
毎日繰り返し読んで書きました。
大体1回目を通すと覚えます。
2回目に見直したときに、わからない又は覚えていない単語は、
超目立つように鉛筆でぐるぐる○をつけていました。
そして、ひたすら書きまくって覚えました。
3回目の見直しになると、全体のページを見つつ、ぐるぐる○の単語のみまた覚えるようにしました。

だいたいTOEFLを受験していると、リーディングにてどんな単語が問題ででてくるか想像できます。
明らかにテストにでてこないものは
別に覚える必要はないと思います。

あと、リーティングの文中でもし不明の単語が3?4個ぐらい出てきたとしても、
大して問題ではないと思います。
そのぐらいの単語なら飛ばして読んでも全体の文章は理解できると思います。
テストでは、超難しい単語は早々でてきません。



くどいようですが・・・・
基本、単語は毎日覚える!!

これが私のアドバイスです。
あとあと役立ちます。


ランキング参加中です。
一押しお願い申し上げます!





スポンサーサイト
2008.05.22.08:00
TOEFLを受けて増えたものと減ったもの

増えたもの:
?ボキャブラリー
?白髪 (特に生え際。一度なったら黒くならないんでしょ?年齢??)
?吹き出物 (しかも治りにくい)
        
注:(白髪と吹き出物に関しては、テスト以外に仕事のストレスなども関連していると思われる。)
        

減ったもの:
?自由時間
?友達との約束
?体力

これじゃあ、なんかTOEFLが私にとってみたらかなり体に悪いみたいじゃん!!


では、気を取り直して、
TOEFLを受けて上がったもの・下がったもの

上がったもの:
↑リーディング力
↑リスニング力
↑スピーキング力
↑ライティング力


下がったもの 
↓なし


私が絶対的にオススメするのは、ボキャブラリーを増やすことです!!!
私は、TOEFLが終わった今でも単語は毎日復習するようにしています。
単語ってどんな言語を勉強するときにでも一番基礎なもので、
知らなければ当然ですが、
読めない・聞けない・話せない・書けない のです。
そして、知らなければ絶対的によいスコアは取れない。
要は、英語が理解できないからです。

そんな私も、当初は単語を覚えてませんでした。むしろ覚えるのがめんどくさかったのかも。
私が始めたのは今年の1月ぐらいですかね・・・・。すでにテストは何回か経験済みでした。
最初ってほんとにめんどくさいのですよね・・・・、覚えるのが。だって知らない単語だらけなんだもん。

なんですけど、TOEFL用の単語本を購入し、毎日毎日嫌でもやっていくと・・・・
必然的に覚えてきます。必ず覚えます。
そして、覚えてくると英語がすんなりと理解できるようになり、
それがすっごく嬉しいのです!!! クセになります。
参考書については、別の日に、ご紹介したいと思いますけど、
TOEFL勉強している人だったらみんなもっている本だと思います。

ところで皆さんはどうやって単語覚えているのかな???
私は、裏紙なんかに書きまくって覚えます。とにかく書いて書いて書いて・・・・・。
学生時代から、覚えるときは書きます。
最初はやはり腕が痛くなります。たまに右腕だけ真っ赤にはれていたときもありました。
でも、慣れると(多分)大丈夫だと思うのですが、ほどほどにしておいたほうが○。



ランキング参加中です。
一押しお願い申し上げます!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。