--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.04.08:46
私から、リスニングテスト中のアドバイスをさせと頂きたいと思います。

リスニングも長いのは、本当に長いのですよね・・・・・。
途中でもうどうでも良くなってしまって、でもそういうときに限って重要なところを聞き逃す・・・・。


TOEFLは、極端にひん曲がっている問題などはあまり出てこないと思いますので、
ちゃんとリスニングを聞いていて、内容を理解していれば絶対に答えはわかります。
とはいっても、集中力がね・・・・・、続かないのです・・・・。
でも、どんな問題がでるかは、だいたいわかるのですが、それでもたまに予想不可能です。


私はリスニング中は、メモを割りと取っていました。
やはり、あまりメモを取らずにリスニングに集中することが一番大事なのですが、
でも、リスニングが長いと、最初に言っていたこととか忘れたりするのですよね。
ですから、割と細かく書いていたと思います。


あと、これは聞き逃すことがたまにあったりしたので、
極力気をつけるように聞いていたのですが、
例えば、
「リスニング中に教授が、どのようなものを使って、授業を展開しているのか??」
といった質問が出てきたりしました。
例えば、新聞の記事・テキスト・リサーチからなど・・・。
そういった超簡単な問題で点数を落とすのはもったいない!!!


あと、授業の形態なども問題でたまにでてきます。
例えば、これは超簡単な例なのですが・・・・、
「教授が一人で授業をしているのか?それとも、数人の生徒と一緒にか? それとも質問攻めか?ディスカッションか??」 など。
テストにでるならば、ちょっとひねった問題だったと思います。


テスト解答中は、1秒でもおしいのでかなりあせって問題文を読み、
答えを選んでいました。
解答にもう少しぐらい時間を与えてくれてもいいと思うのですが・・・・・。
ちょっと答えに迷っただけで、かなりロスした気分になります。
それが余計にパニックになる原因でした・・・。


基本的には、問題形式は参考書と同じです。
私は、テキストのリスニングを繰り返しやっていて、
長いリスニングに慣れるように努力しました。


アドバイスとしては、
繰り返しになりますが・・・・

「絶対集中!!!!」


これに限ります。
あまり参考にならなくてごめんなさい!!




ランキング参加中です。
いつも一押しどうもありがとうございます!!




スポンサーサイト
2008.06.03.08:25
少し大きい文字私、結構リスニング得意♪♪♪って思ってたのですが、
テストの結果をみるとそうでもないみたいです。(最高点24点)
悲しいな?・・・・。

とにかくいえることは、テキストのリスニングとは違い、
テスト本番のリスニングは超早いです。しかも長い。
「もういいよ・・・・」って思い始めたら、
テストの大事な部分を聞き逃す可能性が高いです。
気をつけたいところです。


リスニングで私がした勉強法は、

?テキストを解く。
?2倍速の英文を毎朝聞く。
?音読をする。(英文をCDの音声に併せて声に出して読む。)




?まず、テキストを解くことですが、これは皆さんもう実践されてますよね。


?2倍速の英文を毎朝聞くというのは、以前私のブログでご紹介させていただきました。
(過去記事?英語 リスニング編)

英文は、TOEFL TEST必須英単語5000 CD bookの付属のCDをカセットテープに録音して聞きました。しつこいですが、2倍速でもテストに比べたら遅い・・・・。


?音読ですが、TOEFL TEST必須英単語5000 CD bookのCDを平日は毎日2セクションづつ、休日は4セクションぐらいやっていました。でもやり始めたのは、今年初めぐらいです。
ただ、10回ぐらいきちんとCDの音声と併せて言うだけです。これがリスニングに良いのかは不明ですが、とりあえずやってみました。
そうすると、英文も覚えてられるし、発音もわかるので、聞き取り能力が上がるかも???
用は単語などがわからないし、英語に慣れていないから、聞き取れないのです。


あと、私は今もやっているのですが、就寝時に
その、TOEFL TEST必須英単語5000 CD bookのCDを聞きながら寝ています。ラジカセのスリープタイマーを1時間ぐらいセットしておくのです。
眠いときはすぐ寝ますが、寝つきが悪いときなど、眠りにつきながらリスニング勉強ができる!!という画期的な勉強法!!!


次回もリスニングについて書きたいと思います。



ランキング参加中です。
いつも一押しどうもありがとうございます!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。