--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.24.08:10
本日は、ライティングの具体的な勉強法ですが・・・・

?使える言い回しは使う!!

私は、TOEFL TEST必須英単語5000 CD bookの参考書、をフル活用していました。音読でもこの参考書を使っていたのですが、私は、ライティングでの言い回し、文法など参考にするために、つかえる文章をノートに書き出して覚えるようにしました。
これは、Task1用の勉強法ですが、見栄えよく文章を書くために、利用しました。
といっても、テスト中は極度の緊張のため言い回しをあまり思い出すことはできなかったですが・・・。
お気に入りの文章は、赤ペンで目立つようにしていました。

TOEFL TEST対策iBTライティングの解答例もなかなか使えました。この本には、基本的な文法の説明(接続詞など)が掲載されていたので、これも参考になりました。Task2の解答例は豊富です。



?ネットを使って練習!!
いろんなTOEFL関係のサイトがありますが、
私が参考にしていたTOEFL Writing関連のサイトは、

TOEFL Prep Forum and TOEFL essay samples/TOEFL Test Forum


各国のTOEFLを勉強している人達が、こぞって自分が書いたエッセイを載せ、ラッキーであればネイティブもしくは、見ず知らずの方(?)に無料で添削してもらえるという画期的なサイトです!!

ここでは、みなさん、テスト結果なども各自報告しあっていて、私はその中から点数が良い人のエッセイをこぞって参考にしていました。 結構ハイスコアの方、いらっしゃいますよ!!


使える言い回しなどは、テスト以外にも例えば論文などを書く場合にはとても重宝しますし、何気に文法もチェックできます!!
(今まで文法の勉強はしてきていませんが、基本的なことがわかっていれば大丈夫だと思います。下手に使い方もわからずに特殊な文法をつかってしまうと減点になる可能性が高いです。)


今、英文の論文を書く練習をしようと思いまして、新たにライティング用の本を購入しました。詳細は後日お知らせしようと思います。

私は、なかなか自分の考えとか意見などをうまく言葉にするのはどうも昔から苦手だったのですが(日本語でも何でも)、TOEFLを勉強してきて、少しは自信がついたと思います。いやいやながら1日一個エッセイを書いていましたが、ようやく実を結んだという感じです。
でもエッセイとか引き続き書いていた方が本当は良いのですがね・・・・。



ランキング参加中です。
いつも一押しどうもありがとうございます!!




スポンサーサイト
2008.06.23.07:54
今回は、ライティングの私なりのライティングのポイント・勉強法を忘れないうちにご紹介したいと思います!!

ライティングは、Task1 Task2 に分かれています。
Task1は、リーディングのあとにリスニングを聞いて、
リスニングの内容とリーディングの内容を関連付け約150-225文字ぐらいで書いていくというものです。(20分)
Task2は、自分の身近な質問にそって約300文字ぐらいの英文を書きます。(30分)


Task1:The Reading-Listening-Writing Integrated Task
Task1に関してましては、基本的にはリスニングにそって書いていくので、
内容が困難なものでなければ難しくないと思います。
だいたい、リスニングは、リーティングの中身と対比させている展開が多いと思います。
あとは、リーティングに対しての詳細な付け足しを言っていたりとか・・・・。
まあ、聞いてみたら対比しているか、例を述べているか、もしくは同意しているかというのはわかると思います。

本当は、時間を計ってテキストに沿って問題を解いていったほうが本番の様子などがわかるのですが、私はそれを実施したことはないです。
とりあえず、テキストを読んで聞いて参考に答えを写して・・・、という感じで勉強していました。
テストで、結構20分って短いので書いて、文を見直す時間を含めた時間配分を決めて、テストに望んだ方がよいです。意外にスペルミスとかあったりするのですよね。
なので、絶対に見直しの時間は必要だと思います。
TOEFLでは、スペルミスなどで点数が悪くなるといったことはないようです。あまりにも頻繁にミスをするのはどうかと思います。スペルがわからなくて自信のない単語などは、使わないほうが良いと思います。
Task1というのは、やはりリスニングにかかっていると思うので、絶対に集中して聞かないとダメです!!


Task2:Independent Writing Task
自分の考え・意見などを自由に書くタイプのテストです。
私はライティング用の参考書(TOEFL Barron's How to Prepare for the TOEFL Easay)
を1冊持っていて、そこに問題の例などがあったため、それを参考にしていました。
空いている時間にささっと1日一回絶対にエッセイを書くようにしていました。
特に添削など誰かに頼んでいなかったのですが、参考書などで得た要領で大丈夫でした。
高得点といえませんが、私はほどほどの点数をとっていましたし・・・・。
文章は毎回、前書き→意見1→意見2→意見3→後書きという展開で書いていました。

これが参考になるかは不明ですが、私は絶対に自分の意見に具体的に「例」を入れるようにしました。例えば、自分の実体験でも、実際に起こったことなど、詳しい例をいれることによって、文章を抽象的にしないように心がけました。
最初のころはスコアも悪かったのですが、詳細な例を入れることによって(だと思うのですが)点数はあがりました。


次回は私が実践していた勉強法を説明したいと思います。


ランキング参加中です。
いつも一押しどうもありがとうございます!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。