--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.17.17:02
英語?TOEFL(2)
TOEFLのテキストをはじめて手にしたのは、多分今から2年前ぐらいだと思います。
2006年当時は、まだカナダにいて、英語の勉強のために本を購入しました。
ちょうどそのころ、TOEFLが、CBT(Computer Based Testing)、またはPBT(Paper Based Testing)から、
iBT(Internet Based Testing)に、変更・導入され、
今までなかったスピーキングが新たにセクションに加わりました。

スピーキングって、私が一番苦手な分野でして、一番苦労したセクションだと思います。
勉強をし始めたときにiBTになって、なんてタイミングが悪いのだ!!
と、恨んだ時期もありましたが、
ここはスピーキングを克服するチャンスだと逆にかなり前向きに思うようにしました。
(そうでもしないとやってられない・・・・。)
しかし、いまだに平均的にスコアも良くないです。
でも、自分が苦手な分野だからこそ、勉強しておいて良かったです。
確かに昔に比べたら少しスピーキングはましになってきた・・・・と思う。


2007年10月から2008年4月までの間に6回TOEFL受けました。
1回のテスト料金が US$170.00です。
今は円高ですけど、私が申し込んだときはまだ110円台だったので1回のテストで
約2万円弱つぎ込んでました。
テキスト・参考書などをあわせると、多分15万以上はTOEFLにお金を使ったと思います。
当初の予定では、テストは1回しか受ける予定ではなかったです。
イコール=1回で、びしっと点数を取る!!!が目標だったのですが、人生そんなに甘くはありません。
1回どころか6回も受ける破目になってしまった!! 
これにはいろいろな要因が考えられます。 テスト問題、テスト会場、当日の自分自身のコンディション などなど・・・・。 
万全な体制で臨んだとしても、結局うまくいかなかったりしますよね。



ランキング参加中です。
一押しお願い申し上げます!







管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://micasasucasa.blog120.fc2.com/tb.php/38-3b1ba72d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。